• ダイバーシティとは
  • あゆみ
  • 取り組み事例

佐川アドバンスHOME > ダイバーシティ/取り組み事例/なぜNO残業DAYをするの?

ダイバーシティ 取り組み事例

NO残業DAY

なぜノー残業Dayを実施するの?

ワークライフバランスという言葉を知っていますか?
これは「仕事と生活の調和」と訳されます。
 
一人ひとりがやりがいを持って働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活においても多様な生き方が選択・実現できることを指します。
 
少子化対策による出生率向上を目指したり、男女均等政策などの改革を目的とした官民を挙げての取り組みなんです。
 
民間企業も多くが前向きに取り組み、ノー残業Dayの実施や有給休暇消化率100%を目標にかかげるなどしています。
 
結果としては定時退社が達成できなかったところもありましたが、今後も積極的に実施していきたい、取り組みとしては浸透してきている、など前向きなコメントをたくさんいただきました。また、“効率性を高めるためには実施日を増やすのもよいのでは”という意見もいただきました。
 
私自身もノー残業Dayが仕事のやり方を考えるきっかけになり、いかに効率よく作業を進めていくかというのは恒常的な目標となっています。
 
“仕事”が充実することで“生活”に充足感が得られ、“生活”が満たされることで“仕事”にも積極的に取り組める。“仕事”と“生活”が調和すると、大袈裟なようですが、人生そのものが明るくなるような気がしますよね。“ノー残業Day”の実施は、そんなワークライフバランスを実現していこうという取り組みの一つなんです。

  • ダイバーシティとは
  • あゆみ

ページの一番上に戻る