佐川アドバンスHOME > TOPICS > 新型コロナウイルス対策における社内の取り組みについて

TOPICS

新型コロナウイルス対策における社内の取り組みについて

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
佐川アドバンス株式会社では、新型コロナウイルス感染症が国内外で広がる中、お客様・お取引先様への感染防止と、従業員および従業員家族の安全確保を最優先に、以下の取り組みを実施しております。

1.テレワーク及び時差出勤の推進
テレワークが可能な業務については積極的な活用を推進する。
また、通勤時における公共交通機関の混雑を避けるため時差出勤を推進する。

2.事務所内における感染予防策の徹底
  ・出社時の検温実施(事務所内に非接触型体温計を設置)
  ・発熱等の症状が見られる際は自宅待機
  ・従業員のマスク着用
  ・デスク上に飛沫防止を目的としたアクリルパネルの設置
  ・手洗い、アルコール消毒の励行
  ・Web会議の励行
   ※やむを得ず対面で会議を実施する場合は3密の回避など最大限の予防措置を講じる。
     また、会議室利用後は次亜塩素酸水又は市販の洗剤で消毒を行う。

3.不要不急の出張自粛
出張の必要性を十分に検討し、やむを得ず必要な場合は感染防止を念頭に置き行動する。
外務省危険レベル2(不要不急の渡航を止めてください)以上の国への渡航は原則禁止する。
社内会議のための出張は控え、可能な限りWeb会議による実施を推奨する。

4.不要不急の会食・飲酒会合を自粛
従業員同士の会食・飲酒を伴う会合は原則自粛するとともに、やむを得ず会食する際には3密にならない場所を選択し感染防止対策を施す。

5.劇場、ライブハウス、スポーツ観戦等、人が集まるイベントへの参加自粛
報道の通り、換気が悪く人が密に集まって過ごすような空間や、不特定多数の人が接触する恐れの高い場所では感染リスクが高まることが予想されるため、該当するイベントへの参加を自粛する。

これからはwithコロナの環境下において「新しい生活様式」への対応も求められます。
政府・行政の方針およびSGHグループの対応方針に基づき、今後も状況に応じて必要な対応を実施してまいります。


ページの一番上に戻る