佐川アドバンスHOME > 健康経営の取り組み

健康経営の取り組み

佐川アドバンス 健康宣言

私たちは、経営ビジョンである『最高のサービスで価値を創る』を実現するために、経営的な視点から、
社員の健康づくりに全社で取り組むことを宣言します。

1. 社員がもてる能力を十分に発揮し、幸せに働くことのできる職場環境づくりを推進します。
2. 健康保険組合と連携し、社員の健康意識の向上に努めます。
3. 社員の自立した健康保持・増進活動を積極的に支援します。
佐川アドバンス株式会社
代表取締役社長   橋本 譲

主な取り組み

ワークライフバランスの推進
1. リフレッシュ休暇(連続休暇)取得の奨励
2. 時間単位年休の導入
3. ノー残業デーの設定(週1日)
4. テレワークの推進
健康保持・増進
1. 職場におけるストレッチやエクササイズの実施
2. 50名未満の事業場を含むストレスチェックの実施
3. 健康イベントの開催
健康管理の促進
1. 定期健康診断の実施・受診率100%
2. がん検診、人間ドック受診費用の補助
3. インフルエンザ予防接種費用の補助
FUN WALK PROJECT*スポーツ庁のFUN + WALK PROJECTに参加しています。

健康経営の取り組み開始の経緯

当社は女性従業員比率が高く過半数を超えています。産休・育休制度の充実に加え、「ワークライフバランスの推進」や「定期的な検診の推奨」、「受動喫煙対策」など、健康を維持し働きやすい環境の整備は、優秀な人材の確保と更なる事業発展には不可欠であり、経営上の優先事項として取り組んで参りました。これらの経験から、安定した経営には、従業員が健康であることが重要です。2018年度から、より一層従業員の健康を最優先に、誰もが「当社で働きたい、働き続けたい」と望む会社を目指し、健康経営の活動を活性化させました。

取り組み方針と健康宣言

取り組みを開始するにあたり「経営」「従業員」「健康保険組合」が、それぞれの役割で、目的を明確にした活動をするため、各々の活動方針を掲げた、健康宣言と致しました。

「健康に働き続けられる」 企業を目指して

①経営視点の取り組み:社員が持てる能力を十分に発揮し、幸せに働く職場環境をつくる
②健康保険組合と連携した取り組み:社員の健康意識の向上
③従業員個々の取り組み:自立し健康保持・増進活動を行う

評価:意識向上率 / 健康診断結果向上 / 取り組み度合(人数)

健康経営を推進するための体制づくり

健康経営推進の専門部署を設置するのではなく、健康推進統括責任者である社長を中心に人事労務担当課長が推進責任者、人事担当者が事務局となり、各部署責任者、従業員を取り巻く体制を構築。
また、健康保険組合と共に活動し、専門分野からの知見を取り込む環境にしております。
統括責任者は、定期的に健康の取り組みについて従業員にメッセージを発信し、メッセージのもとに、推進責任者、事務局、従業員一人一人が取り組みを実施しています。

推進体制

最終目的はお客様へ「最高のサービス」を提供すること

当社の事業は、保険販売事業・燃料販売事業・企画販売事業・施設運営事業と多岐にわたり、グループサポート、福利厚生を中心に「安心・安全」を提供しております。「最高のサービスで価値を創る」を経営ビジョンに掲げ、基本方針に則り事業を展開しております。お客様に最高のサービスを提供するためには、当社で働く従業員一人一人の健康な身体と精神が不可欠です。従業員が健康な身体と精神を保ち続ける事が、生産性の向上・創造性の向上・企業イメージの向上に繋がり、さらにはお客様へのサービスに繋がります。そして、最終的には、企業の価値を向上させる事を目的としています。

健康経営の取り組み

主な取り組み

1.取り組み開始(導入)

健康経営の取り組みを開始するにあたり、従業員の健康経営の知識と健康への意識の向上が最初の課題でした。まず始めに、年度始まりの全社キックオフミーティングで、社長自ら「健康経営のメッセージ」を全従業員へ発信しコミットいたしました。更に、定例開催している部課長会議で、推進責任者より「健康経営」について具体的取り組み内容を説明し、理解を深めました。加えて、全従業員に向けて、社長より健康維持の重要性を繰り返し発信し、健康情報の定期的な配信や健康イベントを実施するなど、継続して伝える事で健康意識の醸成に繋げました。

2.年間を通した取り組み

健康宣言に則り、それぞれの役割で目的を達成するため、個々が何を実施するのかを「環境」「イベント」「意識向上」に分類し、可視化しました。

環境 イベント 意識向上
経営 ・健康に配慮した職場環境
・所定労働時間短縮
・テレワークの推進
・ノー残業DAY
・リフレッシュ休暇
・SGA健康チャレンジ60
・スリープチェック
・産業医セミナー
・新入社員健康セミナー
・15時のストレッチ
・クリーンアップ
・年間健康カレンダーの作成
・社内イントラネットでの健康情報発信
・従業員コラムリレー
・健康状態と意識に関するアンケートの継続実施
健康保険組合 ・健康診断
・特定保健指導
・人間ドック
・ウイメンズ検診
・大腸がん検診
・その他検診/補助
・ウェルネスフェア
・MY KENPO情報発信
・運動動画(RAIZAP)
・ヘルシーレシピ
・保健師コラム
・生活習慣病予防キャンペーン
・MY KENPOの利用促進
・SG健保ナビの発行
・毎月の安全衛生情報の発信
従業員個々 ・ワークライフバランス向上のための働き方へのシフト
・生活リズムの確立
・業務外の健康活動
(社内イベントをきっかけとした健康活動の継続)
・MY KENPOの登録、活用
〜 主な取り組みのご紹介 〜
●体力測定イベントの開催
健康に働き続けるためには、健康を維持する事が必要であるため、従業員が自身の体力を知る事が必要と考え、体力測定イベントを開催。柔軟性や脚筋力、握力、俊敏性を測り、自身の体力を自覚しました。学生以来の久々の計測であり楽しく測定会を終えました。
●15時のストレッチ
15時にストレッチ体操にて筋肉をほぐし、血行促進をしています。さらには、心のリフレッシュへも繋がっています。
体力測定イベントの開催 体力測定イベントの開催 15時のストレッチ

3.未実施の施策の検討

健康経営度調査票の認定項目から、強化すべき項目をピックアップ。年度ごとに課題を抽出し、施策を講じています。

調査票設問 強化項目 対策 具体的な取り組み
1.経営理念 健康経営の目的 体制・取組み 成果の公表 社外ホームページの積極的な活用 年度の集計結果を随時更新し公表
3.制度・施行実行
´.健康課題の把握
個人健康データの把握・活用 個人の健康行動・状態に関する情報の把握・検証 定期健康診断結果、健康保険組合集計データ分析、高リスク者の健康指導状況の把握(保健師、産業医と連携)
3.制度・施行実行
↓.ヘルスリテラシーの向上
従業員への教育 既存コンテンツを活用した研修、セミナー実施 衛生関連資格の推奨、任用基準へ導入
Eラーニング受講
4.評価・改善
.健康経営推進に関する効果検証
.健康課題
課題の改善と評価・検証・公表 施策実施・効果検証・改善を行うための具体的な数値データの把握 経年比較可能なデータの収集、検証
 労働生産性・エンゲージメント・所定時間外労働状況・イベント参加率等

取り組みの評価の仕組み

当社は2018年度より健康経営を活性化させる施策として評価指標を設定し、効果検証を実施しております。評価内容については発展途上ではありますが、経験を積み重ねて、更なる経営の質を向上させるため研鑽し、評価の質を向上いたします。評価の仕組みは下記の通りです。

KPI

 ̄親綾慣比率の維持・向上
 歩行または同等程度の身体活動を1日1時間以上実施している割合の30%超えを目標とする

年度 2019 2020 2021 2022
結果 36.63% 33.12% - -
評価 達成 達成

▲ぅ戰鵐隼臆知80%超
 健康経営施策の一環として実施する各種イベントの参加率80%超えを目標とする

年度 2019 2020 2021
イベント名 紅白健康合戦 スリープチェック 健康チャレンジ60 -
結果 91% 92% 87.3%
評価 達成 達成 達成

環境整備

―抄醗エンゲージメントの維持・向上(注1)
 従業員エンゲージメントに関する設問の肯定率50%超えを目標とする

年度 2019 2020 2021 2022
結果 56% 63%
評価 達成 達成

▲廛譽璽鵐謄ーズムの改善
 年に2回実施している従業員アンケート調査におけるプレゼンティーズム指標の改善を目指す

年度 2019 2020 2021
アンケート回数 2回目 1回目 2回目 1回目
結果 34.6% 32.1% 34.8%
評価 達成

ノー残業DAYの履行率95%超
 月に1度行う全社一斉ノー残業DAYの履行率95%超えを目標とする

年度 2019 2020 2021 2022
結果 96.6% 96.7%
評価 達成 達成

注1)コーン・フェリー・ジャパン株式会社 従業員エンゲージメント調査結果より引用

経営評価に反映

ページの一番上に戻る