佐川アドバンスHOME > 健康経営の取り組み

健康経営の取り組み

佐川アドバンス 健康宣言

私たちは、経営ビジョンである『最高のサービスで価値を創る』を実現するために、経営的な視点から、
社員の健康づくりに全社で取り組むことを宣言します。

1. 社員がもてる能力を十分に発揮し、幸せに働くことのできる職場環境づくりを推進します。
2. 健康保険組合と連携し、社員の健康意識の向上に努めます。
3. 社員の自立した健康保持・増進活動を積極的に支援します。
佐川アドバンス株式会社
代表取締役社長   橋本 譲

主な取り組み

ワークライフバランスの推進
1. リフレッシュ休暇(連続休暇)取得の奨励
2. 時間単位年休の導入
3. ノー残業デーの設定(週1日)
健康保持・増進
1. 職場におけるストレッチやエクササイズの実施
2. ウォーキングイベントの開催
3. 全ての事業所におけるストレスチェックの実施
健康管理の促進
1. 定期健康診断の実施・受診率100%
2. がん検診、人間ドック受診費用の補助
3. インフルエンザ予防接種費用の補助

健康経営の取り組み開始の経緯

当社は女性従業員比率が高く過半数を超えています。産休・育休制度の充実に加え、「ワークライフバランスの推進」や「定期的な検診の推奨」、「受動喫煙対策」など、健康を維持し働きやすい環境の整備は、優秀な人材の確保と更なる事業発展には不可欠であり、経営上の優先事項として取り組んで参りました。これらの経験から、安定した経営には、従業員が健康であることが重要です。昨年度から、より一層従業員の健康を最優先に、従業員の誰もが「当社で働きたい、働き続けたい」と望む会社を目指し、健康経営の活動を活性化させました。

取り組み方針と健康宣言

取り組みを開始するにあたり「経営」「従業員」「健康保険組合」が、それぞれの役割で、目的を明確にした活動をするため、各々の活動方針を掲げた、健康宣言と致しました。

「健康に働き続けられる」 企業を目指して

①経営視点の取り組み:社員が持てる能力を十分に発揮し、幸せに働く職場環境をつくる
②健康保険組合と連携した取り組み:社員の健康意識の向上
③従業員個々の取り組み:自立し健康保持・増進活動を行う

評価:意識向上率 / 健康診断結果向上 / 取り組み度合(人数)

健康経営を推進するための体制づくり

健康経営推進の専門部署を設置するのではなく、健康推進統括責任者である社長を中心に人事労務担当課長が推進責任者、人事担当者が事務局となり、各部署責任者、従業員を取り巻く体制を構築。
また、健康保険組合と共に活動し、専門分野からの知見を取り込む環境にしております。
統括責任者は毎月開催される全社朝礼にて、健康の取り組みについて従業員にメッセージを発信し、メッセージのもとに、推進責任者、事務局、従業員一人一人が取り組みを実施しています。

推進体制

最終目的はお客様へ「最高のサービス」を提供すること

当社の事業は、保険販売事業・燃料販売事業・企画販売事業と多岐にわたり、グループサポート 福利厚生を中心に「安心・安全」を提供しております。「最高のサービスで価値を創る」を経営ビジョンに掲げ、基本方針に則り事業を展開しております。お客様に最高のサービスを提供するためには、当社で働く従業員一人一人の健康な身体と精神が不可欠です。従業員が健康な身体と精神を保ち続ける事が、生産性の向上・創造性の向上・企業イメージの向上に繋がり、さらにはお客様へのサービスに繋がります。そして、最終的には、企業の価値を向上させる事を目的としています。

健康経営の取り組み

主な取り組み

1.取り組み開始(導入)

健康経営の取り組みを開始するにあたり、従業員の健康経営の知識と健康への意識の向上が最初の課題でした。まず始めに、年度始まりの全社キックオフミーティングで、社長自ら「健康経営のメッセージ」を全従業員へ発信しコミットいたしました。更に、定例開催している部課長会議で、推進責任者より「健康経営」について具体的取り組み内容を説明し、理解を深めました。加えて、月1回の全社朝礼においても、社長より健康維持の重要性を繰り返し発信して、健康イベント等の情報を定期的に全従業員へ配信いたしました。継続して伝える事で健康意識の醸成に繋げました。

2.年間を通した取り組み

健康宣言に則り、それぞれの役割で目的を達成するため、個々が何を実施するのかを可視化し「環境」「イベント」「意識向上」に分類致しました。

環境 イベント 意識向上
経営 ・所定労働時間短縮
・基本、18時退社の固定
・ノー残業DAY
・リフレッシュ休暇
・体力測定イベント
・オフィスでフィットネス
・15時ストレッチ
・クリーンアップ
・年間健康カレンダーの作成
・社内イントラネットでの健康情報ページの設定
健康保険組合 ・健康診断
・特定保健指導
・人間ドック
・ウイメンズ検診
・大腸がん検診
・その他検診/補助
・ウェルネスフェア
・RAIZAP企画
・健康100日PJ
・SGスマートプログラム
・生活習慣病予防キャンペーン
・マイ健保の登録
・SG健保ナビの発行
・毎月の健康情報の配信
従業員個々 ・労働時間の短縮のための働き方へのシフト
・短縮による生活リズムの確立
・業務外の健康活動
(チームを結成し、健康になる取り組みを実施する)
(例)マラソン・ウオーキング
・健康宣言カード作成 ・マイ健保の登録
〜 主な取り組みのご紹介 〜
●体力測定イベントの開催
健康に働き続けるためには、健康を維持する事が必要であるため、従業員が自身の体力を知る事が必要と考え、体力測定イベントを開催。柔軟性や脚筋力、握力、俊敏性を測り、自身の体を自覚しました。学生以来の久々の計測であり楽しく測定会を終えました。
●15時のストレッチ
15時にストレッチ体操にて筋肉をほぐし、血行促進をしています。さらには、心のリフレッシュへも繋がっています。
体力測定イベントの開催 体力測定イベントの開催 15時のストレッチ

3.未実施の施策の検討

健康経営優良法人の認可を受けるため、認定要件の未実施要件をピックアップし、未実施の施策を「見える化」し、課題を抽出。施策を講じました。

調査票設問 強化項目 対策 具体的な取り組み
1.経営理念
 Ⅰ.明文化
方針の周知
理解の促進
定期的な情報発信の場を設ける 健康掲示板の設置
スケジュール、健保情報、従業員コラム、産業医講義内容を発信
研修・会議に組み込む 主任・係長研修
部課長会で健康データを報告
健診・人間ドック・がん検診受診率
肥満割合、喫煙、MYKENPO登録率
従業員の理解度を確認する セミナーアンケートに健康経営の理解度を測る項目を設ける
1.Ⅲ.他社への普及 他社への普及 他社への情報提供、情報交換 健康経営に興味のある会社へ情報、ノウハウを提供する
3.制度・施行実行
Ⅰ.健康課題の把握
人間ドック
受診率向上
産業医協力による積極的な勧奨 産業医講義で人間ドックを受診する
効果や結果の見方を周知し受診を促す
3.⓶.Ⅰ.
ヘルスリテラシー向上
従業員への教育 資料読み合わせを行う 健保資料を使用し、定期的に各課で読み合わせを行い、教育簿を提出
3.⓶.Ⅳ.病気の治療と
仕事の両立支援
休業者
職場復帰支援
休職から復職までの手続きと支援内容を明確し資料化する 厚生労働省の指針に基づき職場復帰支援プログラムを作成する
3.③.Ⅱ.健康増進 女性特有の
健康課題
女性の健康とライフステージをテーマにセミナーを開催する 保健士によるセミナー開催
就業時間内 約30分 男性含めた希望制
3.④.取り組みの質の確保 担当者の教育 健康に関する資格の取得 日本健康マスター検定を受験する

取り組みの評価の仕組み

当社は2018年度より健康経営を活性化させる施策として評価指標を設定し、効果検証を実施しております。評価内容については発展途上ではありますが、経験を積み重ねて、更なる経営の質を向上させるため研鑽し、評価の質を向上いたします。2018年度から2019年度にかけての評価の仕組みは下記の通りです。

取り組みの評価の仕組み

①肥満率は健康診断結果をもとに前年対比で評価
②人間ドックは人事労務課より定期的な受診勧奨
③社内イベントの参加率で意識の向上を測定
④毎年実施しているエンゲージメント調査結果で、従業員のモチベーション・社内のコミニュケーションの活性度を測定

経営評価に反映

ページの一番上に戻る